佐賀県唐津市相知町の熊野神社の秋季例大祭「相知くんち」で、高さ10メートルの巨大山笠が復活する。戦後に電線の普及で規模縮小を余儀なくされていたが、市が一部の電柱をかさ上げすることで実現する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加