親子三代、唐津暮らしを楽しむ

 東京生まれ東京育ちで医師の大林航わたるさん(39)は医学部卒業後、大学の同級生で佐賀県出身の梨津子さん(39)と結婚し、2008年4月、高島診療所長として唐津に赴任しました。

 3年間の所定勤務期間を終え、東京に戻りましたが、子育てするなら唐津でと16年4月、唐津生まれの長男暖朋はるともくん(9)、東京生まれの次男朋輝くん(5)と共に一家4人、唐津市鏡に移住しました。「食べ物のおいしさ、海も山もある景色の良さ、そして唐津くんちの威勢の良さにほれ込みました」と航さん。

 三男和朋くん(2)は唐津生まれの唐津っ子。両親の正孝さん(75)、ます美さん(70)も呼び寄せた。正孝さんは旅行が好きで学生時代、名護屋城に来たことがあり、唐津は魅力的と絶賛。親子三代で唐津を楽しんでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加