2008年にノーベル物理学賞を受賞した名古屋大素粒子宇宙起源研究機構長で京都大名誉教授の益川敏英さん(75)の講演会が20日、基山町民会館であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加