準々決勝・神埼清明-唐津東 完封勝利に貢献した神埼清明の小野聖人=佐賀市のみどりの森県営球場

 第144回九州地区高校野球佐賀大会第11日は2日、佐賀市のみどりの森県営球場で準々決勝2試合があった。神埼清明は唐津東に2-0で完封勝ち。佐賀商は鳥栖に4-3で競り勝った。

 神埼清明は三、四回に1点ずつを奪った。先発小野聖人が力のある直球を主体に5安打に抑え、九回には2死満塁のピンチをしのいだ。

 佐賀商は2-2で迎えた七回に6番高木来の右前適時打、八回には2番松隈亮の中犠飛で逆転。白仁田慶太-野田匠の継投で3点に抑えた。

 3日は試合がなく、4日に同球場で午前10時から佐賀学園-鳥栖商、午後0時半から神埼清明-佐賀商の準決勝2試合がある。

▽準々決勝(みどりの森県営球場)4月2日

  • 神埼清明
  •    001100000|2
  • 唐津東000000000|0
  • (神)27511340105
  •    打安点振球犠盗失併残
  • (唐)305055201210
  • (神)小野-大塚
  • (唐)中野勝-岩本

 

  • 佐賀商020000110|4
  • 鳥 栖200000010|3
  • (佐)3514425441013
  •    打安点振球犠盗失併残
  • (鳥)30737530218
  • (佐)白仁田、野田-古川
  • (鳥)高島、寺澤-木原
  • ▽三塁打 藤川(佐)▽二塁打 野田(佐)河本、中村(鳥)

 

【みどりの森県営球場】

▽準決勝(4月4日)

佐賀学園―鳥栖商(10時)

神埼清明―佐賀商(12時30分)

このエントリーをはてなブックマークに追加