男子400メートル自由形決勝 3分47秒10で初優勝した吉田啓祐(上)=東京辰巳国際水泳場

 競泳の世界選手権(7月・韓国)代表選考会を兼ねた日本選手権は2日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、400メートル自由形の男子は吉田啓祐(よしだけいすけ、日大)が3分47秒10で、女子は16歳の難波実夢(MGニッシン)が4分9秒39で、ともに初優勝した。ただし2人とも、自動的に代表に決まる派遣標準記録には届かなかった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加