多久市郷土研究会会長の尾形善次郎さん(85)が、佐賀新聞の記事を基に明治期の県内の動きを丹念に掘り起こし、著書『近代国家の誕生と試練』にまとめた。明治25(1892)年の出来事を三つのテーマで著述。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加