近世多久家初代領主多久安順の妻千鶴(1572-1659年)は初代藩主鍋島勝茂の姉で、筑紫(つくし)箏(ごと)の名手として知られていました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加