公職選挙法が6月に改正され、選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられたことに伴い、教育現場での主権者教育における政治的中立の確保が教員への罰則の是非なども含め議論となっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加