清流沿いの桜街道をのんびり歩く「桜ウオーク」が3月30日、唐津市七山の鳴神温泉ななのゆを起点に開かれた。県内外から150人が参加し、川のせせらぎを聞きながら、山里の春を満喫した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加