満開の桜の下、巫女舞を披露するキッズミュージカルTOSUのメンバー=鳥栖市の田代公園

 第32回とす弥生まつり(同実行委員会など主催)が3月31日、満開の桜で彩られた鳥栖市柚比町の田代公園で開かれた。あでやかな巫女(みこ)舞などが披露され、訪れた市民が弥生時代の雰囲気を満喫した。

 まつりは古代火おこしの後、弥生人の衣装をまとった青年会議所会員が太鼓に合わせ、勇壮な武人舞を見せてスタート。キッズミュージカルTOSUのメンバー4人が優雅に巫女舞を奉納すると、盛んにシャッターが切られ、大きな拍手が送られた。ステージイベントのほか、公園周辺にある弥生時代から古墳時代までの遺跡を巡るポイントラリーやバザーなども人気を集めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加