早咲きのシャクナゲが見ごろになっている高野寺。奥にはピンクのしだれ桜も=武雄市北方町

 武雄市北方町の高野寺で1日、「シャクナゲ祭り」が始まった。早咲きのシャクナゲが日本庭園を彩っている。

 江戸時代の元禄年間の景色を記述した古文書を元に整えた庭園には、約20種、千株のシャクナゲが育っている。今は早咲きが四分咲き程度で、若葉の緑が白い花を引き立てている。ピンクのしだれ桜も美しく、桜吹雪も舞っている。

 早咲きの見ごろは10日ぐらいまでで、中咲き、遅咲きへと続く。拝観料は500円。般若心経の写経体験(千円)もできる。問い合わせは同寺、電話0954(36)3616。

このエントリーをはてなブックマークに追加