子どもたちに環境保全への関心を高めてもらおうと九州電力は3月30日、体験型環境イベント「きゅうでんプレイフォレスト」を佐賀市富士町の北山少年自然の家で開いた。約750人の親子が、水力発電の仕組みを学習したほか、竹を使ったパン作り体験や木登り体験などを通して自然の大切さを学んだ。