桜並木を楽しむ来場者=佐賀市の南佐賀公園

桜並木を楽しむ来場者=佐賀市の南佐賀公園

 佐賀市の南佐賀公園で31日、徐福サイクルロードの桜並木を楽しむ「北川副桜まつり」があった。散歩客や住民らがダンスや足湯などを楽しみ、春の訪れを満喫した。

 テープカットの後、来場者は桜を眺めるウオーキングに出発。桜に囲まれた会場では、子どもや婦人らによるダンスや楽器演奏のステージがあった。古湯温泉の湯を使った無料足湯コーナーでは、桜の下でゆったりとした時間を過ごす来場者もいた。

 地域にある桜の名所を誇りに感じてほしいと始め、今年で6回目。主催した北川副まちづくり協議会の福田忠利会長は「イベントの認知が広まりつつあり、来場者も年々増えている。今年は桜も七、八分咲きでタイミングもよかった」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加