郷土の歴史を次世代に受け継ごうと、嬉野市で市史の編さんが進んでいる。市の歴史文化遺産や地域資源をまとめ、2023年度までの完成を目指している。06年の合併以降、市史の作成は初めてになる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加