いよいよきょうから4月。新元号も発表される。いつもとは趣の違う新年度のスタートである。新入生、新社会人。学校で職場でどんな祝辞や言葉が交わされるだろう◆緊張と不安で胸いっぱいの人もいれば、今年を区切りと考える人も。歌手の森昌子さんが芸能界引退を表明して話題になった。「還暦を迎え、人生の残された時間を、もう少し穏やかな中で充実させたいと思いました」。新たな旅立ちのメッセージである◆歌やバラエティーに活躍していただけに「まだ頑張れるのでは」という周囲の声もあったろう。しかし、13歳でデビュー後、結婚、子育て、長期休業、がん闘病経験を通し、「やり切った」思いが決断させたようだ。彼女のヒット曲にある。〈ヒュルリ ヒュルリララ 燃えて燃えつき 冬のつばめよ〉◆「駆け出し」は物事を始めたばかりで未熟という意味。それは若い人に限らない。森さんも駆け出しの人生を歩む。定年で新職場に就く人、地域活動に初参加する人。「駆け出す」は「外へ駆けて出る」という意味がある◆「人生100年これからだ」と言われると戸惑うが、胸にはひそかな思いがわき上がっているはずだ。「よしっ、きょうから気を引き締めてやるぞ!」。門出を祝う桜も満開だ。自分なりでいい。目標をひとつ持って、最初の一歩を踏み出そう。(丸)

このエントリーをはてなブックマークに追加