買い物客に啓発グッズを手渡して投票を呼び掛けた街頭活動=佐賀市のゆめタウン佐賀

 4月7日に投開票される佐賀県議選への投票を促す街頭啓発活動が30日、県内3カ所のショッピングセンターであった。県選挙管理委員会や明るい選挙推進協議会のメンバーらが、買い物客に「選挙に行きましょう」と呼び掛けた。

 このうち佐賀市のゆめタウン佐賀では、マスクや入浴剤、ウェットティッシュが入った啓発グッズ700部を買い物客に手渡した。県選管の井田政和事務局長は「投票のモチベーションが下がらないよう活動し、若い人に選挙権を行使してもらいたい」と話した。

 鳥栖市と唐津市では、それぞれ400部の啓発グッズを配布した。4月4日には佐賀大学本庄キャンパスで実施する。

このエントリーをはてなブックマークに追加