完成した中津隈東区の新公民館=みやき町

 みやき町中津隈東区の新公民館が完成した。前公民館の老朽化などに伴い新築したもので、同区の役員らは「地域コミュニティーの新たな拠点として活用していきたい」と話している。

 前公民館は中津隈西区と共用していたが、築55年と老朽化。交通量が多い県道沿いに位置し、利用者が事故に遭う危険性があったほか、駐車場がなかったため、別の場所に建て替えることを決めた。

 新公民館は敷地面積約890平方メートルで、建物は木造平屋建て約200平方メートル。ホールや和室、キッチンのほか倉庫スペースなどを備える。建設費は3930万円。費用の一部に自治総合センターのコミュニティ助成事業の補助を受けた。

 島崎哲郎区長は「明るいし、使い勝手もいい。高台に位置しており、防災拠点としても使える」と完成を喜んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加