将棋の魅力などについて児童に話した渡辺明二冠(左)ら=上峰町の上峰小

 2月に王(おう)将(しょう)のタイトルを獲(かく)得(とく)した将(しょう)棋(ぎ)の渡(わた)辺(なべ)明(あきら)二(に)冠(かん)が20日、上(かみ)峰(みね)町(ちょう)の上峰小を訪(ほう)問(もん)し、5年生116人と交流しました。渡辺二冠は将棋の楽しさや、棋(き)士(し)という職(しょく)業(ぎょう)の魅(み)力(りょく)を紹(しょう)介(かい)し、「夢(ゆめ)を見つけてほしい」と語りかけました。

 上峰町では20、21日に王将戦の第6局が開(かい)催(さい)予定でしたが、渡辺二冠が4連勝でタイトルを決めたことから開かれませんでした。「その代わりに」と、上峰小への訪問が実(じつ)現(げん)しました。渡辺二冠のほか、立会人を務(つと)める予定だった青(あお)野(の)照(てる)市(いち)九(く)段(だん)、佐賀県出身の武(たけ)富(どみ)礼(れ)衣(い)女流初(しょ)段(だん)も訪(おとず)れました。

 渡辺二冠らは、日本の将棋人口が700万人いることや、将棋がインドから伝わり、1600年前後から今と同じルールで行われていることなどを紹介。渡辺二冠は「10歳(さい)でプロを目指した。将棋は長い時間考えても間(ま)違(ちが)えることがある難(むずか)しいゲームで、そこが魅力」などと話しました。

 河野塁斗くん(10)は「将棋のことをさらに詳(くわ)しく知りたいと思った。もっと強くなりたい」と目を輝(かがや)かせていました。(21日付21面)

このエントリーをはてなブックマークに追加