「ノースフェイスカップ」の優勝トロフィーを手に笑顔を見せる通谷律君=伊万里市立花町の「LEAD」

 伊万里市(いまりし)大坪町(おおつぼちょう)の通谷(かよたに)律君(12)=大坪小6年=が、国内最大規模(さいだいきぼ)のクライミングの大会「ノースフェイスカップ2019」のU-12(小学5、6年生)の部で優勝(ゆうしょう)しました。全国の小学生クライマーの頂点(ちょうてん)に立ち、「とてもうれしい」と喜んでいます。

 大会は9、10の両日に埼玉県(さいたまけん)で開かれ、子どもからプロまでがクライミングの種目の一つ、ボルダリングの技術(ぎじゅつ)を競(きそ)いました。U-12の部には地区予選を勝(か)ち抜(ぬ)いた54人が出場。通谷君は壁(かべ)に設定(せってい)された難(むずか)しい課題も全て1回でクリアし、ライバルを抑(おさ)えて優勝しました。

 幼稚園(ようちえん)の頃(ころ)から競技(きょうぎ)を始め、同世代での実力は全国トップクラス。この大会は過去(かこ)4位が最高でした。念願の初(はつ)優勝(はつゆうしょう)を果たし、指導(しどう)する父親の明徳さん(38)、一緒(いっしょ)に練習する弟や妹も喜んでいます。

 目標は2023年に佐賀県で開かれる国民スポーツ大会で弟とチームを組んで優勝すること。「いつかは日本代表に」という夢(ゆめ)に向かって競技を続けていきます。(22日付21面)

このエントリーをはてなブックマークに追加