鳥栖は守りの集中力が高く、横浜Mの猛攻を封じて引き分けた。 鳥栖は前半から豊田、金崎の両FWが前線から相手に激しくプレス。中盤の福田、原川らも連動して動き、相手の攻撃の芽を摘んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加