競泳女子の池江璃花子選手の白血病公表を受け、佐賀県内でも骨髄バンクへの関心が高まっている。佐賀新聞社にもドナー(提供者)の家族が体験をつづり、池江選手の回復を祈る投書が複数届いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加