統一地方選の佐賀県議選は29日に告示され、13選挙区の定数38に対し、過去最少の45人が立候補を届け出た。多久市や武雄市など過去最多の7選挙区が無投票となり、11人の当選が決まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加