感謝状を受け取った(前列左から)木村瑠佑土君、福田尚史君、七田爽太君=佐賀市の佐賀南警察署

 水路に転落していた高齢男性の発見、保護に貢献したとして、佐賀南署は28日、日新小5年の木村瑠佑土君(11)、福田尚史君(11)、七田爽太君(11)に署長感謝状を贈った。

 3人はいつも一緒に下校する友人同士。3月4日午後3時40分ごろ、下校中に水路をのぞき込んだ木村君が水路にうつぶせにぐったりと倒れている80代の男性を発見した。福田君が声をかけたところ、「助けて」と応答があり、3人で近くの会社に駆け込んで助けを求めた。

 発見当時を振り返り、「びっくりしたけど、慌てたりはしなかった」と七田君。3人は「助けることができてうれしかった。困っている人がいたら同じように助けたい」と口をそろえた。

 佐賀南署で行われた贈呈式では、井手栄治署長が感謝状と記念品を一人ずつ手渡し、「もっと発見が遅れたら、どうなっていたか分からない」と感謝。「困っている人を見かけたら声を掛けてみんなで助けて」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加