10年間お金の出し入れがない「休眠預金」を公益活動に充てる取り組みの運用開始を前に、資金助成の窓口となる「資金分配団体」の認定を受けようと、公益財団法人「佐賀未来創造基金」(山田健一郎理事長)が準備…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加