統一地方選で29日に告示された佐賀県議選は午後5時に立候補の届け出が締め切られ、13選挙区の定数38に対し、立候補者数は過去最少の45人だった。多久市や武雄市など過去最多の7選挙区が無投票となり、11人の当選が確定した。佐賀市や唐津市などの6選挙区は選挙戦に突入し、27議席を34人が争う。投票は4月7日で即日開票される。

このエントリーをはてなブックマークに追加