九州電力と三菱商事は21日、熊本県南阿蘇村で地熱発電所の建設を計画していると発表した。発電規模は1万5千キロワットとみられ、6月から地中の調査を始める。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加