九州を代表する歌人の一人中島哀浪の次男に生まれ、若いときは前衛的な歌を作り、晩年は佐賀弁を駆使した軽妙洒脱(しゃだつ)なエッセイを書いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加