第144回九州地区高校野球佐賀大会第7日は28日、佐賀市のみどりの森県営球場で3回戦3試合があり、昨秋の佐賀大会を制した佐賀学園などが準々決勝に進んだ。

 佐賀学園は先発浜野翔太が龍谷を3安打に抑え、3-0で完封勝ち。

 有田工は塩田工・嬉野に2-1で逆転勝ちし、鳥栖商は10安打を集めて11-0で三養基に五回コールド勝ちした。

 第8日は29日、同球場で3回戦3試合がある。

▽3回戦(みどりの森県営球場)

塩田工・嬉野100000000-1

有田工00000011×-2

(塩)黒田-森

(有)馬場-野村

▽二塁打 野村(有)

 

佐賀学園000000021-3

龍 谷000000000-0

(佐)浜野-川副

(龍)平澤、橋本-松成

▽二塁打 片山(佐)

 

三養基00000-0

鳥栖商6320×-11

   (五回コールド)

(三)江越、宇津巻、猿渡-佐藤

(鳥)児玉-角田

 

■きょうの試合【みどりの森県営球場】

 ▽3回戦

小城―佐賀工(9時)

神埼清明―佐賀西(11時30分)

唐津東―北陵(14時)

このエントリーをはてなブックマークに追加