鳥栖市は大規模災害に備えて、災害時の情報発信でヤフーと、物資供給について段ボールメーカー「クラウンパッケージ九州事業所」(同市藤木町)とそれぞれ4月1日に協定を締結すると発表した。

 災害時は市のウェブサイトにアクセスが集中し、つながりにくくなる。ヤフーが自治体のサイトをコピーしたものを表示して、そちらに誘導することでアクセス集中を軽減する。

 避難所ではプライバシーや健康への配慮から、最低限の居住環境を確保することが重要視されている。段ボールは保湿性や耐久性に優れ、ベッドやクッション材、間仕切りなどさまざまな用途に使える。災害時に製品を優先的に供給する。

 市は段ボールメーカー「レンゴー鳥栖工場」(同市轟町)とも災害時の物資供給の協定を結んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加