昨年7月の民間業者との都内での会食を巡り、行動などが問題視された嬉野市の村上大祐市長は28日、「職責を果たすことが一番の責任の取り方」として、自らの処分は考えない方針を定例会見で示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加