昭和自動車(唐津市)が佐賀県内の路線バス26路線の見直しを打ち出したのを受けて、佐賀市三瀬村の住民らでつくる三瀬地区公共交通検討会議は28日、対応策の検討を始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加