観光客に投句を呼びかける投稿箱=埋門ノ館

武士の声なき城の夏木立

 城下町「からつ」俳句コンクール(唐津市文化事業団主催)には観光客398人から413句が寄せられ、特選は佐賀市大和町の原口政子さん(89)の「武士(もののふ)の声なき城の夏木立」が選ばれた。

 唐津城天守閣など8カ所に投句箱を設置し、投句数は昨年より87句多かった。選者の田邊虹志さんは「唐津城のリニューアルで観光客も増え、景色に感動し、思わず投句用紙を手にした人も多かったのだろう」と話す。入賞句20点は天守閣などに展示している。

 入選句3句は次の通り。敬称略。

 「やぶ椿薄紅色にうつむけり」(佐賀県・野崎英子)「航跡の島へ一筋薫風裡」(茨城県・早田維紀子)「吹き抜くる風に加はる法師蝉」(福岡県・平井裕子)

このエントリーをはてなブックマークに追加