磐田戦で後半ロスタイムにゴールを決め、笑顔を見せる鳥栖FWクエンカ。横浜M戦での活躍が期待される=17日、駅前不動産スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第5節の29日午後7時半から、横浜市の日産スタジアムで横浜F・マリノスと対戦する。前節、試合終了間際の劇的ゴールで今季リーグ戦初白星を挙げた鳥栖。勢いをつなぎ、連勝を飾りたい。

 鳥栖は通算成績1勝3敗(勝ち点3)の15位。前節・磐田戦は0-0で迎えた後半17分、DF高橋祐が2度目の警告を受けて退場した。数的不利に陥ったが、ロスタイムの47分、途中出場のFWクエンカがMF原川のクロスを頭で合わせ、値千金の決勝ゴールを決めた。

 横浜Mは2勝1分け1敗(勝ち点7)の7位。前節は大分に0-2で敗れ、今季初黒星を喫した。昨季に続き、最前線に3人を配置する攻撃的な布陣を敷いており、ここまで7得点7失点。3得点を挙げているブラジル人FWエジカルジュニオには警戒が必要だ。

 日本代表の国際親善試合2試合が挟まり、リーグ戦は2週間ぶりの開催となる。カレーラス監督は「いい流れで来ていたので、すぐにでも試合がしたかった。連勝を目指してしっかり戦いたい」と闘志を燃やす。前節、クエンカのゴールをアシストした原川は「守備がはまればうまくいく。うちは前線が強いので、シンプルな攻撃が生きる」と勝利へのポイントを語る。

2、3月のMVPを募集

 佐賀新聞社は、月ごとに最も活躍したサガン鳥栖の選手をサポーター投票をもとに「月間MVP」として表彰している。毎月第1土曜日に発行している「月刊サガン鳥栖」の中で、インタビューなどを紹介する。

 2、3月はリーグ戦の名古屋戦(●0-4)、神戸戦(●0-1)、FC東京戦(●0-2)、磐田戦(○1-0)、横浜M戦(29日)、ルヴァン杯の仙台戦(●1-3)、柏戦(○1-0)が対象。投票はウェブで受け付け、応募者の中から抽選でMVP表彰のプレゼンターも決める。

このエントリーをはてなブックマークに追加