長崎県の中村法道知事は27日、自民党の岸田文雄政調会長と党本部で会い、未着工の九州新幹線・長崎ルート新鳥栖―武雄温泉をフル規格で整備するよう文書で要望した。岸田氏は「地元の意向に沿えるよう努力したい」などと応じたという。

 文書は「フル規格は投資効果や時間短縮効果が最も高い」と指摘。早期着工に向け、環境影響評価(アセスメント)に着手するための経費を2020年度政府予算に盛り込むよう求めた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加