29日に告示される佐賀県議選では、前回の6選挙区を上回る7選挙区で無投票になる可能性がある。統一地方選では全国的に無投票当選が増えるとみられ、地方議員のなり手不足は深刻になっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加