第12回からつ児童生徒俳句・川柳大会(唐津キャッスルライオンズクラブ主催)の入賞入選作品が決まった。唐津市・玄海町の小中学生の6割を超す6951人から1万1452句が寄せられた。

 俳句は田邊虹志さん、川柳は小松多聞さんが選句した。小松さんは講評で「『せんりゅうをかんがえていたらねつがでた』という句があり、思わず笑った」とし、「感じたことをどう表現するか、言葉探しの訓練になる」と勧める。

 特選は次の通り。

 【俳句】小学 北原榮人(入野1)川添侑人(切木2)篠原佐季(長松3)橋本苺香(大良4)酒井寿珠(名護屋5)阿部優日(浜崎6)▽中学 石橋希実(早稲田佐賀1)澤村彩乃(唐津東2)山﨑優斗(七山3)

 【川柳】小学 鶴田今(鏡山1)白石絆人(浜崎2)太田瑚春(長松3)山﨑こころ(玄海みらい4)松岡美希(相知5)田中斗唯(西唐津6)▽中学 河波向志(早稲田佐賀1)坂口真公(唐津東2)矢次飛裕(唐津第五3)

 【学校賞】浜崎小、名護屋小、鏡中

このエントリーをはてなブックマークに追加