元気いっぱいの部員と笹部博義監督

 結成2年半にして、第36回佐賀県新人戦ミニバスケットボール交歓大会女子で3位入賞を果たした「大志タイガース」。小2~5年16人が大志小体育館で練習に励んでいる。「ゼロからのスタートで技術面よりあいさつなど礼儀作法を厳しく指導している。子どもたちもそれに応えてくれ、良い結果につながった」と笹部博義監督(46)。目標は6月の学童オリンピック優勝。頑張れ。大志タイガース!

 井久保 咲さん(大志小5年)

 きちんとあいさつすることでシュートやリバウンドの処理も責任を持ってできるようになったのでうれしい。

 小島 沙弥さん(大志小5年)

 母の勧めで始めた。やせて足も速くなったし、友だちもできて楽しい。結果が出てうれしいので優勝目指します。

 栗添 理央奈さん(大志小5年) 

 人前に立つのが苦手だったけど、礼儀正しくすることが自信になり、以前より苦手でなくなった。優勝したい。

 袈裟丸 彩乃さん(大志小5年)

 生活面できちんとすると洗濯や料理の手伝いができるようになった。バスケは楽しいので頑張ります。

 藤﨑 優和ゆなさん(西唐津小5年)

 練習で持久力もつき、校内マラソンや運動会で1位になった。シュートが決まるとうれしくて頑張れます。

このエントリーをはてなブックマークに追加