桐蔭学園戦に先発した啓新・安積=甲子園

 松山聖陵―大分 1回裏大分1死一、二塁、中尾が右中間に先制の2点二塁打を放つ。投手平安山、捕手岸田=甲子園

 明石商―国士舘 2回裏明石商2死満塁、押し出し四球で三走岡田が先制の生還=甲子園

 選抜高校野球大会第5日は27日、甲子園球場で1回戦3試合が行われ、啓新(福井)大分、明石商(兵庫)が勝ち、2回戦に進出した。

 春夏を通じて初出場の啓新は、昨秋の関東大会王者の桐蔭学園(神奈川)を5―3で破った。安積―浦松の継投で逃げ切った。

 初出場の大分は長尾が1失点完投し、松山聖陵(愛媛)を4―1で下した。春夏を通じて甲子園初勝利。選抜大会で大分県勢2校が初戦を突破したのは初めて。

 明石商は国士舘(東京)に7―1で勝利。中森が10三振を奪い、1失点完投した。

このエントリーをはてなブックマークに追加