■飛行ルート国のカードリレー参加 絶滅危惧種の渡り鳥「ヘラシギ」の絵を描いたポストカードを、飛行ルートの国の子どもたちがリレーしていく取り組みに、鹿島市の七浦小(押方富美子校長)が日本代表として参加した。国境を越えて子どもたちの環境意識を養い、渡り鳥の保全につなげる目的。