九州厚生局佐賀事務所は26日、佐賀市の整骨院について、患者に代わって医療費を保険者に請求する権限(受領委任)を中止したと発表した。処分は15日付で、期間は5年間。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加