28日に開幕する大会本番に向け、竹刀を交える選手たち=神埼市の神埼中央公園体育館

 文部科学大臣杯第30回記念神埼市長旗全国選抜中学生剣道大会(神埼市、佐賀新聞社主催)の錬成会が26日、神埼市の神埼中央公園体育館であった。全国から集った男女計84チームの選手たちが28日のプレリーグ戦、29日の決勝トーナメントに向けて気持ちを高めた。

 大会には各都道府県の新人大会上位校など男子81チーム、女子70チームが出場する。錬成会では、本番さながらの緊張感の中、選手たちが積極果敢に竹刀を交えた。

 錬成会は27日も開催。大会本番となる28日は、同体育館などで9~10チームずつに分かれてリーグ戦を行い、その成績をもとに29日に同体育館で行う決勝トーナメントの組み合わせを決める。

このエントリーをはてなブックマークに追加