佐賀県と市町が税の共同徴収を目的に設置した「県滞納整理推進機構」が、本年度末で解散することが26日、決まった。発足から10年がたち、個人住民税の滞納割合が縮減目標を達成したため。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加