唐津市出身の建築家で、武雄温泉の楼門と新館を設計した辰野金吾(1854~1919年)の没後100年を追悼するコンサートが25日夜、武雄温泉の楼門で開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加