開催された熊本県教育委員会の第三者委=26日午前、熊本県庁

 熊本県北部の県立高校3年の女子生徒=当時(17)=が昨年5月、いじめを受けたことをほのめかす遺書を書いて自殺した問題で、県教育委員会の第三者委員会は26日、他の生徒らによる5件のいじめがあったと認定し、自殺に影響を与えたとする最終報告書をまとめ、宮尾千加子県教育長に提出した。

 最終報告書の発表を受け、遺族は「娘が生きていたことを知ってほしい」として女子生徒の写真を公表、名前を「知華さん」と明らかにした。母親(45)は記者会見で「遺書で残した言葉の意味が何だったのかを知りたいと思っていた。ちゃんと寄り添ってもらった」と報告書を評価した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加