佐賀県唐津市浜玉町の玉島小(加茂律子校長)の児童60人が2日、学校近くを流れる玉島川にサケの稚魚を放流した。児童たちは、サケが大きく成長し、再び“故郷の川”に戻ってくることを願った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加