井上宏生氏(いのうえ・ひろお=ノンフィクション作家)3月11日午後4時54分、東京都文京区西片の自宅で死去、71歳。葬儀・告別式は近親者のみで行われた。喪主は妻節子(せつこ)さん。4月30日、佐賀市の実家で納骨式を行う。

 佐賀市出身。雑誌記者を経て独立し、主な著書に「海保青陵講話」「巨いなる企業家・渋沢栄一の全研究」(PHP研究所)「新・後継者時代」(五月書房)など。佐賀新聞文化面に「奇跡の茶人 売茶翁物語」や「撫子の賦-鍋島・原田家の人びと」などを連載した。

このエントリーをはてなブックマークに追加