2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアム、新国立競技場のデザインに採用が決まった建築家の隈(くま)研吾(けんご)さん(61)が、決定から一夜明けた23日、西松浦郡有田町を訪れた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加