久留米市出身で佐賀で晩年期をすごした洋画家、青木繁(1882~1911年)の代表作「海の幸」を模した緞帳(どんちょう)の公開修復展が24日、佐賀市の佐賀大美術館で始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加