女子ジュニア部門で優勝した樋口結花(多久高)と男子ユースC部門で3位に入った通谷律(大坪小)

 スポーツクライミングの日本ユース選手権リード競技大会が23~25日、千葉県の松山下公園総合体育館であり、佐賀県勢は2000~01年生まれが競う女子ジュニア部門に出場した樋口結花(多久高)が優勝を飾った。

 樋口は予選3位で決勝に進出。6人が争った決勝では、最高高度を獲得して頂点に立った。

 06~07年生まれの男子ユースC部門に出場した通谷律(大坪小)は3位入賞を果たした。

 【男子】ジュニア予選 (11)靏本直生(県連盟)(27)平井寛太(同)▽ユースA予選 (15)梶晃悠(多久高)(34)中武司(同)▽ユースC予選 (3)通谷律(大坪小)=決勝進出(33)通谷結太(同)(37)中村太河(西渓)

 ▽同決勝 (3)通谷律

 【女子】ジュニア予選 (3)樋口結花(多久高)=決勝進出▽ユースA予選 (20)掛林紗衣(多久高)(22)渡島夏希(県連盟)

 ▽ジュニア決勝 (1)樋口結花

このエントリーをはてなブックマークに追加