本線を走っていた特急列車がなぜ、待避線に入ったのか。異音トラブルをきっかけに運行ダイヤが乱れ、通過待ちの駅を変更するなど緊急時の対応の過程で、誤った路線に進入する結果に。JR九州は「運転士と指令員の間で、車両の位置の把握が不正確だった」との見方を示した。

 JR九州によると、トラブルになった下り特急かもめ19号は22日午後0時10分ごろ、異音に気付いて肥前竜王駅のホーム数百メートル手前で停車、その場で乗務員が点検を行った。

 長崎線は一部区間を除き単線のため、対向してくる上り特急20号とは本来、肥前鹿島駅で行き違う予定だったが、下り19号の停車により、上り20号はそのまま肥前竜王駅まで進み、待避線のホームで通過待ちをすることになった。この時点で、駅の両端周辺にある分岐ポイントが自動的に待避線側に切り替わった。

 停車から数分で異音の点検を終えた下り19号は、運転士が運転席のモニターに表示された停車位置を、運行管理をしている博多総合指令に連絡。それが信号の手前だったため、指令員は19号が赤信号で停止すると考え、運行の再開を指示した。

 しかし、実際には停止位置はモニター表示と異なり、信号を通過して駅側寄りに停車しており、運転士は赤信号に気づかず、そのまま進行、待避線に進入したという。

【関連記事】
JR長崎線、特急同士が衝突寸前 けが人なし
あわや大惨事、立ち往生 混乱続き6時間半
JR幹部、上場控え 「安全確保が重要な時期」

このエントリーをはてなブックマークに追加